FC2ブログ

 

CAFE すみっこ
パンドラハーツの感想や絵を描いているサイトです。GF最新号までネタばれありです。
http://asakih.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2
こんばんは!
何と言う事でしょう!
3日連続の更新です。
めちゃくちゃ久しぶりです。

さて、今日はあのちびギルはこうやって作られたのです、多分、
をテーマに適当に雑に語ろうと思います。

アマゾンのレビューを見ていたらですね、
ギルフィギュアの頭の線が気になるというご意見がありました。
ごもっともです。
頭に線がなければ良いのになぁ…と思います、私も。
でも、あの線は消せないのです。
仕方がないのです。

私はフィギュアは作った事がありませんが、
仕事で成型品に関わった事があるので、
今日はちょっと違った視点からギルフィギュアについて語ってみます。

さて、いつもながら雑ですが説明図。
最近絵を描かな過ぎて、図すら描けなくなってきました。

とにかく、ギルフィギュアはモールド成型という方法でつくられていると思います。
簡単に説明するとこう!
gilkata1.jpg

雑な説明ですね!
簡単に言うと、容器の上に容器を載せてその隙間に材料を流し込む感じです。
お菓子で言うとタルト生地みたいなイメージです。

で、ギルフィギュアの頭をどうして一気に作れないかと言うと、
下記のような理由があります。
gilkata2-1.jpg

つまり、ワカメすぎて型から外しにくい。

それで苦肉の策です。
gilkata3-3.jpg

上記の方法だと、深さが浅くなるので取り外しの際に変形しにくくもなります。

髪の跳ねの部分はどうしても外れにくい部分ではありますが、
実際は型は垂直にだけしか動かないわけではないので、
(何パーツかに分かれていて、バラバラに動く)
開口部の寸法がある程度あればちゃんと外れます。…多分。
実際型がどうやって動くのかは私も知らないよ!ごめんね!

そんなわけでギルの頭は半分ずつ作らないわけにはいかなかったのです。
絵が下手すぎて分かりづらい。
そしてこれは全部外観から見ての想像なので間違っていたら
優しくスルーして下さい。

ギルフィギュアは細かいパーツが複雑に組み合わさっているので
実際寸法の調整とかすごく大変だったと思います。
樹脂の勘合って大変なんですよ!
冷えた時に収縮して寸法が若干変わるので、
そういうのも考えながら型を作らなければいけないのです。
そして出来上がったサンプルを組み合わせながら0.1mm単位で調整するのです。
しかも生産する時の環境温度によってまた収縮率が変わるので
成型条件の微調整が必要と言う…。

ギルの頭の勘合にはちょっと接着剤が使われていますが、
それでも耳のあたりのはまり具合とか素晴らしいと思います。

ちょっとばらして見てみたい気もしますが、
可哀そうなのでさすがに出来ない!


そんなわけで、今日は多分、おそらくの記事でした!
話半分でお願いします!酷い話だ!



感想や写真に拍手どうもありがとうございました~!!


スポンサーサイト
 
web拍手 by FC2
 

Comment


秘密にする

未分類 (12)
パンドラ二次創作 (34)
パンドラ (91)
漫画 (3)
日常小話 (69)
映画 (1)
ヴァニタス (6)

このブログをリンクに追加する

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 CAFE すみっこ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。