FC2ブログ

 

CAFE すみっこ
パンドラハーツの感想や絵を描いているサイトです。GF最新号までネタばれありです。
http://asakih.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2
こんばんは!

送別会続きで手が筋肉痛です。

つまり、二次会→カラオケ→タンバリンという図式です。
タンバリンの善し悪しが分かるようになってきた今日この頃です。

そんなわけで寝不足ですが、パンドラ感想を!!
本編も長いから、感想も長いよ。
ざっくりしているのに長いです。

ネタばれ格納!

 

more

Retrace104 Will -黄金の昼下がりに-

はーちゅ

はーちゅが超長い!!
連載の延長といい、こういったお遊びページといい、
パンドラは編集さんにも愛されている漫画なんだなぁと思います。
打ち切りの多い漫画業界で、こういう風に最終回を迎えられるのって本当に素晴らしいし、
これは望月先生の仕事への真摯な態度への評価でもあるなぁと思います。

今回アリスが本編であんまり話しませんが、はーちゅでもお腹が鳴ってるだけ…。
うん。アリスだね!!それがアリスだ!!

はーちゅはジャック無双の辺りからは「ジャックのウザさを楽しむコーナー」
みたいになっていました。
本編が大変な時ににぎやかないつものメンバーが見られるのは楽しかったです。
北斗の拳風オズワルドは忘れられません。
あのオズワルドだったらジャックは絶対騙そうとしなかったと思う。
そして子ギルも懐かなかったと思う。


本編

木陰で居眠りをするオズ。迎えに来るギルとアリス。
平和な雰囲気に始まったそばから「夢だ」と気付きます。
だからその後に続く各キャラクターのわちゃわちゃした会話も
萌えると言うよりは悲しくてなりませんでした。
これはオズが求めていた、叶わなかった夢だったんだなぁと。

そんな中でも「ギルリボン多すぎだろ」(だがそこがいい)と思いました。
普通のリボンタイの上にオズとおそろいのリボンをつけているので
上のリボンはオズに結ばれたと思います。

猫姿のチェシャ猫が以外にぶちゃ猫で可愛い。
白アリスに見せる顔と他の人に見せる顔がすごい違いそう。

エリオットとリーオ。
もうすぐラトウィッジに入ると言うオズ。
この3人+寮母ギル+小間使いアリスの学園物、すごい見たかった!!
何かどこかでおまけページに入らないんでしょうか。
しかし、ギルが学校にいるとエリオットの血圧が上がりそう。
後ギルが教師になると言う選択ではなく、素で年齢を偽ろうとしているのが
「恥を知れ」より「現実見ろ!」って感じだと思います。

喧嘩をしててもブレイク仕込みは羨ましいエリオット。
素直で可愛いよなぁ~。
この世界だったら、オズの口利きでエリオットもブレイクに剣を教えてもらえたかも。
ブレイクはすっごく嫌がった挙句に渋々始める感じで。

お茶会でいちゃいちゃするヴィンスとエイダ。
ヴィンスの表情がギルそっくりで、憑き物が落ちた感じです。
オズの中ではギルはエイダが好きなのかな。
私はあんまりギルがエイダに恋心を抱いている感じはしませんでした。
エイダよりオズに断然関心があるように思う。

腐った意味ではなく、ギルにとって一番大事なのはオズで、次辺りがアリスじゃないかな。
エイダは大事なお守りしなければならないお嬢様で、
大好きなベザリウスの人で、他の人よりも大事な存在だと思うけど、
それ以上には思っていないんじゃないかなぁと感じてました。
いうなればオスカーおじさんと同程度の存在。

うん。でも個人的にはギルとエイダもありだと思います。
なんていうか、「絶対に平和で幸せなカップルだろう」という安定感。
でもギル相手にエイダが自分の趣味を暴露する日が来るとは思えない。
あの趣味知ったらギルは更生させようと必死になるよ。

フィリップの横にいるのは花売りの娘さんかな。
オズは「皆が幸せ」な夢を見ているんですね。
でもシェリル様とバルマ公はいないよ。ユラはいなくてもいいけど。
あとヴァネッサ姉さんいませんか。

エコーはツンデレ。
そしてヴィンスがエコーにおしゃれさせようとするのが何だか良いです。
今までのような道具的な使い方じゃなくて、
エコーの人格を認めて、人間として幸せにしていこうという意志が見えて。

オスカーおじさんとザイ。
ザイとオズのぎこちない和解もそうですが、
オスカーとザイの関係の修復も夢だったなぁと思います。
多分オスカーはザイの苦しさも悲しさも分かっていて全部許していると思うけど、
それをザイに気付いてほしかったなという想いがあります。

ハッピーアンバースディ

これがラストだったら美しかったなぁと思います。
でもきっと私はがっかりしたと思う。
何かこじつけがあって皆が生き返っていたら、
それはもうパンドラハーツではない。

ここから現実に引き戻す。
それが私が大好きなパンドラハーツという物語だと
このお茶会のシーンを読んで思いました。


美しい空想の世界から戻り、悲しげな眼で現実を見つめるオズ。
辛くても現実と向き合って解決していかなければならない。
オズもギルもアリスも、そしてエリオットもリーオも皆そうやってきた。
それがパンドラハーツと言う物語の骨格であり、面白さだと改めて思いました。


美しいお茶会はどこかの世界にあったかもしれない物語。
どんな空想もどこかで実際に存在しているかもしれない。
ジーリィが出てきたのは一つの救いの提示だったのかもしれないと思います。


白アリスと契約したオズ。

この辺が良くわからなかったので、コミックスが出てからもう一度確認します。
(雑誌は分厚いから1~2ヶ月で捨てていて読み返せないのです)

白アリス+核=意志 という状態で、
壊すのは白アリスの方なんですね。

つまり白アリスと核を分離するために体を壊す。
体を壊せば核は元の状態に戻る、と。

白アリスが説得したら核が割と落ち着きましたが、
ちょっと前まで話など出来ない状態だったので、一体どうした事かと思います。
白アリスがジャックとの事を解決出来て心が安らいだので
核も安心したのでしょうか。
割とあっさりと分離を受け入れましたね。

白アリスの死。
ジャックにもきっと思う所があったはず。
自分を想ってくれて、利用されて傷つけられても許してくれた白アリス。
すごい包容力ありますね。若い女子とは思えない。

白アリスが最後の最後でチェシャに会えてよかった。
白アリスを心から思っていたのってチェシャだけだったんじゃないかと思います。
(核はどうなんだろう)
次の物語でこの二人が幸せになるといいなと思います。
次回作とかでモブとかで出てきたら胸熱ですね!!

白アリスが消えて核が戻り、鎖の崩壊が止まる。
核がしっかりしてれば鎖はいくら切っても大丈夫!って感じでしょうか。
道が閉じて黒い街が黄金に変わる。
カラーで見たかったなぁ。
白黒なのにすごく印象的で、光景が脳裡に浮かぶんですよね。
すごいなぁ。望月先生。

そしてバルマ復活。
意外とパンドラ勢に愛されてるな、バルマ公!!
(いや、この状態なら頼りたくて当然か…)

「結構好き」って言ってもらえてよかったね、ルー君。
この一言でのテレっぷりに、思わず可愛いと思ってしまいました。
後シェリル様の容赦のない口ぶりが本当好きです。

シャロンとレイムとエイダとリリィ。
このグループ率いて逃げるのはレイムさんかなり心労だっただろうなぁ。
シャロンもずっと我慢してたんだろうなと思うと、
レイムさんが側にいてくれてよかったと思いました。
何だかんだ言っても女公爵もいるし。
エイダはかなり可哀そう。


黄金に輝く世界を見て、レイシーの愛していた世界に気がつくジャック。
血の雨の中のレイシーに魅せられたのは、
ジャック自身が狂気に憧れていたからなんじゃないかな。
辛い現実の中で狂ってしまった方が楽という気持ちがあったんじゃないかと。

ジャックは誰にも心を許してなかったから、道を正せなかったんだろうなと思います。
苦しさや悲しみを分かち合う相手がいないと、
色んなことが分からなくなってしまうんだろうなぁ。


空気を読まないギル。
ここからギルのターン。
核は子猫みたいになってますね。
お前、さっきまで化け物だったのに一体…。
アリスと同化していなければ無害なのかな。

契約者を壊したオズ。
100年前に死んでいたアリス。

生きていると思わせて「お別れを言う時間をくれた」というオズ。
ああもう、こういう落とし方がパンドラハーツだなぁと思います。
何度この上げて落とすにやられた事か!!

リーオがオズの頼みを聞くのはグレンである事の責任と
友達からのお願いと両方あるのかなと思いました。

そしてギルの駄々こねコーナー。
もう本当ヒロインだよね、ギル。
嫌だと叫んで泣くのが許される24歳男子は2次元でもギルだけ!!
大好きです。ギルが良ければすべてよし!

アリス、男前だよね。本当。
基本的にオズワルドを手本に生きている割には
オズワルド師弟よりずっと男前という。
きっとお母さんの性格を受け継いでいる。

カッコよく別れようと思っていたのに、ギルのせいで本音がこぼれるオズ。
以前のオズだったらカッコつけて終わったと思う。
きっと世の中にそんなに執着もなくて、
「こんなもんだよね。でもアリスに悪いことしたな」みたいな感じで。

でも自分に出来る事を精一杯やって本音でぶつかってきたからこそ
最後に「消えたくない」って思えるんだなと。

この辺はブレイクの死に方と一緒です。
一生懸命出来る事をやったからこそ、「もう少し生きたかった」と思える。
「皆と一緒にいたい」と思える。

オズが最後に「幸せだ」と思ってくれた事、
読んでるこっちも幸せになって読むたびに涙が出ます。
10年近くにわたって描かれたオズの苦悩がここで解決したんだなぁと。

バスカヴィルだから100年待つというギル。
オズだけじゃなくアリスの事もちゃんと待つのがギルらしい。
ギルバスカヴィル設定がラストで生きる。素晴らしい。

アリスのセリフももうちょっと聞きたかったけど、
ギルがギルらしくヘタレなのに男らしいという状態で
何だかもう上手く言えないけど満足です。



それからの事。

四大侯爵家の解体。
もうナイトレイとベザリウスは崩壊してるし、パンドラも壊滅状態だし、
解体は必至だったかなと思います。

それにしても王家があるはずなのに、全く出てきませんでしたね。
何もしてない王家…。

意外と早く死んだバルマ公。
シェリル様はあっさり「あの人も死ぬのね」とかいいつつ
毎週お墓参りに行ったりするんだろうなぁと目に浮かびます。
この二人の関係、本当に好きだったなぁ。
バルマ公執念深いのか一途なのか分からないけど、まぁ病気だよね。


シャロンの成長。
シャロンが成長しなかったのって、ブレイクのためかなと思いました。
ブレイクが不老で、それゆえに苦しんでいるのを知っていたから
シャロンはそれに寄り添おうと思っていて、
その意識が成長を止めるように影響していたのかなぁと。
ブレイクが亡くなって不老である必要がなくなったから成長し始めたんじゃないかな。

レイムさんとシャロンの結婚。
かなり堅実な結婚だと思います。
レイムさんってヘタレだけど包容力があるから、
シャロンの苦しみとか悩みを全部受け止められたんじゃないかな。
個人的にはギルが結婚報告を聞いて冷や汗流すところとか見たかった。


エイダのその後。
エイダは今回の騒動でかなりダメージを負った一般人だと思います。
完全に巻き込まれたので可哀そうだった。

父も叔父も兄も失くし、家は解体され、好きだった人も去り、
心の支えを一番失くしたのはエイダじゃないかな。
しかもサブリエの悲劇も目の当たりにしてしまっているし、
いくら芯が強くても辛かっただろうなぁと。

レインズワース家やギルが力になってくれたとは思いますが、
ギルは基本バスカヴィルだからずっと一緒ではなかっただろうし、
レインズワースは他人だし、辛かっただろうなぁ。
オカルト趣味どころじゃなくなったと思うけど、続けていたらそれはそれですごい。

ヴィンスと一緒にやり直す所が見たかったけど、
ヴィンスの悪行の数々を見れば、それを忘れて幸せな家庭をっていうのは
無理だっただろうなとも思います。
優しそうな旦那さんを見つけて良かった。

ヴィンスにとってエイダは最後まで特別な人だったんだろうなぁと思うし、
そうであってほしいなぁと思います。

バスカヴィルを束ねるリーオ。
リーオは客観的なものの見方が出来る人だから、
上に立つにはうってつけですね。

禍罪の子の意味。
それはバスカヴィルとアヴィスの間にいる仲介人みたいなもの。
だからグレンと一緒に生まれてくるんですね。
意味を取り違えなければ幸せな存在だったのに
ジーリィがそれを意図的に印象操作して「禍罪」にしてしまった。
イレギュラーな事が起こらないように。

それを元に戻すのがリーオの役目であり、バスカヴィルの役目である、と。
「楽しい事も寂しい事も知っている」
それはエリオットと出会った後のリーオの気持ちそのものなんだろうと思いました。

核と話すのに体を貸すというジャック。
体の中に魂が残ってなかったら大丈夫なのかとか
失敗を重ねるで済まされるのかとか思う所は色々ありますが、
一番の問題はジャックの体で話す核とヴィンスの組み合わせって
ちょっと無情だろ、っていう所です。
ジャックの姿に対していらっとせずにいられるのかバスカヴィルは。



そして100年以上たった後、レイシーの墓の前でギルがヴィンスと再開。
100年経ってもギルは義手をつけないんですね。
支え程度にでもつけておいた方が体のバランス崩れなくていいと思うけど。
おそらくもう片手でケーキでも料理でもなんでも出来るでしょう。
オズが帰ってくるまで特訓する。ギルはそういう奴。

100年経っても相変わらず兄弟でいちゃいちゃしておりますが、
ギルが「兄!」って感じで余裕なのがちょっとおかしい。

「ギルのためじゃなく自分のため」
一瞬間が空いたのはブレイクの事を思ったんだろうな。

もう体が限界だというヴィンス。
ヴィンスはチェインと二重で契約してたり、
力をちょこまか使ったり無理してたからな。
そしてアリスとオズを探すために大分頑張って体を酷使したんだと思う。

ギルは探してないのかとかそういう疑問がなくもないけど
多分ギルもバスカヴィルのネットワークにアリスとオズの特徴を上げて
見つけたら連絡をもらえる程度にはしていたと思う。

「おまえがいてくれてよかった」
二回目ですね。
最初は子ギルの姿でした。
ヴィンスが望んでいた子供時代の兄からの贖罪。
今度は大人の姿で、ヴィンスに届いたのは感謝。

「ここにいられてよかった」
このシーン、何度読んでも泣いてしまいます。

ヴィンスは本当は純粋で芯の通った人だと思うので
きっと自分自身を許すために、色々頑張ったんだろうなと思います。
ギルのためにオズやアリスを探し、核の話し相手をし、
そのほかもきっと色んなところで努力した結果
最後の最後で自分を許せたんだろうなと思うと、
本当に良かったと思います。

自分がギルの傍にいる事を許せて、自分が生きる事を許せた。
ギルの腕の中で散るラストは、悲しくも美しい最後で、
ヴィンスは幸せに生きたんだろうなと思って泣いてしまいます。
ヴィンス本当に大好きでした。
最初はヴィンスは怖かった。まさかこんなに好きになると思わなかった。
ナイトレイ兄弟大好きです。

そして一人になったギルの元に現れるオズとアリス。
100年以上待ち続けた瞬間。
鎖の崩壊から115年くらいかな。

ギルの事をおぼろげに覚えているオズ。

「おかえり!」のギルの一言に「良かった!」と思わずにはいられません。

ギル的には長い時を過ごしてしまったけど、
ギルは人生の最期をオズとアリスと迎えられるんだなと思ったら
何だかもう幸せで、安心しました。

もう時間がないような事を言っていたから、
オズやアリスが大人になった辺りでその時が来るのかなと思うけど
ギルとしてはそれでも本望だろうな。


オズ、ギル、アリスの三人がまたけんかしながら仲良く暮らせるラストは
本当に素晴らしいエンドでした!!!


本当に、本当に大好きです!!


マニアのコーナーはまた別途!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
 

Comment

 

2日前にメールを送った者です。


初めまして。グズラと申します。
2日前にコメント欄にてメールを送りましたが、文字化けしていたのですね汗
申し訳ありませんでした。再度PCの方からメールを送ります。

以前のメールの内容と同じですが、私もパンドラハーツのファンで、CAFE すみっこ 管理人様のブログ、毎回拝見しておりました。
管理人様のいつも登場人物に対する鋭い意見や考察に、なるほど!!と驚かされていました笑
今回、パンドラハーツが最終回を迎え、私も同士と話したい!と気持ちを抑えられずメールいたしました。


私は、パンドラでジャックとレイシーが一番好きなキャラなのですが、管理人様はこの2人の関係性、ジャックのレイシーに対する思いをどのように解釈していらっしゃいますか?
私は、ジャックは最後に何かしらレイシーとの接触があって長年の想いを昇華してから消えてほしかったなぁ・・・と思っています。ぶっちゃけ、2人にはくっついて欲しかったです笑
本誌で、意外にアッサリと消えてしまい、えええええ・・・!!!と少し残念です・・・

差支えなければ、管理人様の鋭いご意見、考察をうかがいたいと思います。
わずらわしければ、全然スルーしていただいて結構ですので・・・!!

それでは、突然のメール失礼いたしました。

NAME:グズラ | 2015.03.21(土) 23:17 | URL | [Edit]

 

Re: 2日前にメールを送った者です。

>グズラ様

こんばんは!
コメントどうもありがとうございました。
二度手間になってしまいすみません!!

普段ぼっちでやっているので、同士の方のコメントはすごく嬉しいです!!
ありがとうございます!!
ブログも見ていただいてお恥ずかしいやら何やらです。
後で読み返すと結構見当違いで恥ずかしいんですよね…。
面倒なので放置してしまっていますが。

そんな間違いだらけの私の私見ではありますが、
レイシーとジャックについてちょっと書いてみます。

レイシーとジャックの関係って私には良くわからない所がありまして、
グズラさんのお考えとちょっと違うので
見当違いのご回答でしたらすみません!

私にはジャックがレイシーに対して抱いていたのが
愛だったのかどうかが分かりません。

一番の理由として、レイシーがジャックに迫っても
ジャックは体を動かさなかったというシーンがあります。
あれがすごく引っ掛かっているのです。
あれはジャックはレイシー自身を求めているのではないという
事なのかなぁと思っていました。
「愛」であれば何らかの反応(照れたり求めたり)が出るのかな、と。

ジャックが求めていたのは「救い」「存在意義」であり
それを与えてくれる(と思っていた)相手がレイシーだったのかな、と。

ジャックが自分の問題を解決するには
存在意義は誰かに与えられるものではなく
自分自身で作り出すものだと言う事を理解する事が必須で、
最後レイシーと結ばれてしまうと、ジャックは結局
「自分の存在のあり方をレイシーに依存する」と言う関係から
抜け出せないままになってしまうのではないかと思います。
だから、私個人はラストはあれでよかったのかなと思っています。
ただ最後に幻位は見ても良かったかも…とは思います。

この二人は関係が始まった所で分かたれてしまったので、
もう少し時間があればきっとお互いの問題を解決して
愛し合う関係になったんじゃないかなという思いもあります。

もう少し時間があれば、ジャックはレイシーと一緒に歩みながら
少しずつ自分を取り戻せたんじゃないかと思いますし、
レイシーもジャックの事をもっと深く愛せたんじゃないかと。
そう考えると残念だし、悲しいです。


パンドラは非常にシビアで「やらかした人間は都合よく幸せになれない」を
貫いたなぁと思います。
ブレイクやヴィンス、オズワルド、皆それぞれやらかして、
それなりに責任を取って死にました。
ジャックもまたその内の一人だと思います。

個人的にヴィンスとエイダには幸せになってほしかったので、
グズラさんの思いはすごくわかります。
仕方ないとは思いつつも幸せになってほしいと思いますよね…!



グズラさんの考えと私の考え方が違うので
不愉快にしてしまったらすみません!!
こういう考え方もある、程度で流して頂けたら!!

私自身、ジャックやレイシーはよくわからない部分が多かったので、
何だかいつも雑な感想ですみませんでした。

これに懲りずにまた遊びに来ていただければ嬉しいです。


コメントありがとうございました!!


NAME:あさき | 2015.03.22(日) 23:21 | URL | [Edit]

 

返信ありがとうございます!


グズラです。
あさき様、お早い返信、的確なご意見ありがとうございます!!

私自身この2人がいちゃいちゃしてるのが好きなので、なんとかそういう風に解釈できないだろうか・・・と思っていましたが、やはり、客観的にみるとあさき様の意見に納得させられました。
レイシーが迫ってもリアクション無しなジャック、さらには一歩踏み込むことでレイシーがまた離れて行ってしまうのではないかとジャックが不安に思っている作中の描写からジャックのレイシーに対する執着具合がうかがえますね。

何にせよ、2人は再会してからの時間が短すぎた。これに尽きますね・・・
時間があれば、うまいことくっつけたのかもしれません。


私も、てっきりヴィンスとエイダは「あぁ~、この2人はくっついて幸せエンドをむかえるのかなぁ~」と思って安心してみていましたが、離れ離れになりビックリ、残念でした・・・!ヴィンスはしょうがないにしてもエイダがかわいそうですね・・・ですが、連載最終回の冒頭のお茶会でツンデレ発揮してたヴィンスは非常に可愛かったです笑



突然メールしたにも関わらず、丁寧に吟味してくださった返答、本当にありがとうございまいた!!このようにお互いの意見を交換し合えて、とても嬉しかったです!
今後も、ブログの更新を楽しみにまっております!!また、コメントすることがあるかもしれませんが、よろしければその際も、ぜひお相手下さい!!

それでは、失礼いたします。

NAME:グズラ | 2015.03.23(月) 12:13 | URL | [Edit]

 

Re: 返信ありがとうございます!

>グズラ様

こんばんは。
勝手な私見だったのですが、喜んで頂けたみたいで嬉しいです。

レイシーとジャックの組み合わせ、いいですよね!
ちょっと他にはない組み合わせというか、
レイシーもジャックもある意味曲者なので
素直じゃない、一筋縄じゃいかない感じが好きでした。

私はオズワルド、レヴィも含めて100年前のわちゃわちゃ具合が大好きなので、
もうちょっと時間があったら、もっと良い方に動いたのかなぁと残念です。

エイダは可哀そうでしたよね…。
親族全滅状態で、親密な関係で生き残った人と言えばギルとヴィンス位。
そのヴィンスも陰ながら状態になってしまったので、頼りはギルのみ。
ギルじゃなぁ…と思う次第です。
ただ、最終的に幸せな家庭を築けたっぽいので良かったです。
生涯独身エンドだったら悲しすぎました。

ツンデレヴィンス可愛かったですね!!
二人が結ばれたらああなったのかなぁと思うと、
周りの精神衛生上結ばれない方向で良かったのかも…とか思います。
シャロンといいギルといい、ハートブレイク状態で
あの二人を見つめるのは辛すぎる…!!


普段一人で黙々と感想を書いているので、
同士の方とお話出来てとても楽しかったです。
また気が向いたら気楽にコメント下さいね。

どうもありがとうございました!!

NAME:あさき | 2015.03.24(火) 21:59 | URL | [Edit]

 

最終回でしたね

こんにちは、七花です。

ここにコメントするのがとても久しぶりで…今までもっとコメントしていれば良かったと後悔しています。

あさきさんのギルをいつも探す愛の深さが好きでいつも覗きに来ていたのに時の経つのはあっという間ですね。いつも発売日に愛を書くあさきさんのパンドラ感想を覗く楽しみも今月までなんですね…ほろり。

私は最近の激動の展開で、アヴィスの意志のあなたを見つけたという台詞が十五歳のジャックが「君に見つけてもらった」というのに対比されていてなんかじんとしました。
私の中でジャックとレイシー、そして白アリスはとても胸にくるキャラクターたちでした。

私もお茶会の感想だけ書いているのですが、あさきさんの更新速度を見習いたいです。

七花

NAME:七花 | 2015.03.27(金) 05:48 | URL | [Edit]

 

Re: 最終回でしたね

こんばんは。お久しぶりです!

こちらこそ七花さんのブログはよく覗きに行っていたのですが
全然コメントもせずすみません。
もう引きこもりが癖になっていてダメですね~。

今月で18日に感想を書くのも終わりかと思うと
寂しいな、と思うと同時にほっとする部分もあります。
最近なかなか忙しくて、18日の予定を確保するのが大変でした!

更新速度はその日に書かないとずるずる書かなくなっちゃうからなんですよ~。
決まりを作らないとやらなくなっちゃうタイプなので。
七花さんのようにちゃんと考えた上での考察も書けず、
ずれた感想ばっかりだなぁと後で恥ずかしくなる事しきりです。


アヴィスの意志のセリフ、私はすっかり忘れていました。
さすが七花さんですね。
好きなキャラが違うと目の付けどころも変わってくるので
他の人たちの感想を読むのはとても楽しいです。

七花さんの感想も楽しみにしていますね!

コメントありがとうございました!!

NAME:あさき | 2015.03.29(日) 19:47 | URL | [Edit]


秘密にする

未分類 (12)
パンドラ二次創作 (34)
パンドラ (91)
漫画 (3)
日常小話 (69)
映画 (1)
ヴァニタス (6)

このブログをリンクに追加する

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 CAFE すみっこ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。